北虎流空手部について

北虎流空手部は2007年6月に創部されました。中嶋俊雄師範のもと、空手の稽古に励んでおります。


北虎流は、打撃・投げ・関節技・テコンドー・経点・古武道を基礎とし、過去から現代にかけて使える技に洗練された、 より実践的な流派として中嶋師範を含む四人の創始者により創設されました。


また、顧問には腫瘍病理学教室の田中伸哉教授に就いて頂いている他、分子腫瘍分野の藤田恭之教授に相談役を務めて頂いております。


常に実戦を意識した空手を目指して稽古しており、稽古ごとに強くなっていくことを実感できます。
部員の多くが大学入学後から始めた初心者ですが、師範が基礎から丁寧に指導してくださるため、経験のない方でも全く問題ありませんし、また女性にも大変お勧めです(美容に良い!?)。

空手、と聞くと恐いイメージが強いかもしれませんが、部員は皆仲が良く、大変和気あいあいとした雰囲気です。皆、稽古後のビールが大好きです。


その他、季節毎に春のお花見、夏のバーベキューやビアガーデン、新年会に忘年会、などを皆で楽しんでいます。


興味を持たれた方は一度稽古に遊びに来て下さい!

いつでも、どなたでも、歓迎致します!!

 

見学、入部のお問い合わせはこちら

 

北虎流空手部 部員一同より